北のとびら on WEB

アート巡礼

留萌特集

刺激がいっぱい。留萌のアートスポット

2022.08.26 UPDATE

※新型コロナウイルス感染症の状況によって掲載されている営業時間やイベント開催日時等が変更になる場合があります。

01

コミュニティカフェやレンタルスペースとして活用

SUNNY SPACE

「笑顔が集まる場所づくり」がコンセプトのレンタルコミュニティスペース。毎月1回オープンする「CAFE TE to TE +(テトテ・プラス)」では子供縁日や動画鑑賞会など様々な催しが開催され、幅広い世代の交流の場となっています。

●住所/天塩町海岸通4丁目108-1
●TEL.01632-2-3342
●アクセス/「道の駅てしお」から車で5分
●営業時間/9:00〜18:00
●定休日/不定休
●入場料/イベントによる
●駐車場/あり 

02

道北日本海側にある天文台

しょさんべつ天文台

ドラマ「白線流し」のロケ地としても有名な天文台。道内有数の大きさを誇る65cmフォーク式反射天体望遠鏡で夜空の星を間近で観察可能。星に自分の好きな名前を登録できる「マイスターズシステム」も人気です。

●住所/初山別村字豊岬153-7
●TEL.0164-67-2539
●アクセス/沿岸バス「岬センター前」から徒歩5分
●開館時間/12:00~19:00(10月〜11月、3月)、14:00~21:00(4月~9月)、冬期閉館期間(12月~2月)
●休館日/火曜・水曜
●入館料/高校生以上200円、小・中学生100円、幼児無料
●駐車場/あり
ホームページ

03

昭和48年創業の喫茶店に併設

緬羊工房 アイランド サフォーク

老舗喫茶「ガロ」が立ち上げた工房。焼尻島の町営牧場で刈られたサフォークの糸を使い、手編みのセーターやカウチンジャケットなどを製作、展示・販売しています。糸紡ぎやマスコットづくりなどの体験も好評。

●住所/羽幌町南4条3丁目2番地
●TEL.0164-62-1529
●アクセス/沿岸バス「本社」から徒歩3分
●営業時間/9:00〜18:00
●定休日/不定休
●体験料/大人500〜1,000円、子ども500円
●駐車場/あり

04

陶芸家の指導のもと、製作体験も

鬼鹿焼 いちい窯

陶芸家・村井フミ子さんによって編み出された「鬼鹿焼」にはホタテの貝殻や木炭など、地元の素材が使われています。展示・販売スペースが併設された工房では、陶芸体験も可能です。

●住所/小平町字鬼鹿田代121-2
●TEL.0164-57-1209
●アクセス/道北バス「鬼鹿港町3区」から徒歩5分
●開館時間/9:00〜16:00
●定休日/不定休
●入場料/無料、陶芸体験は3,500円〜(完成品は後日郵送します※送料別途)
●駐車場/あり

05

留萌の自然、歴史、文化を網羅する施設

留萌市海のふるさと館

日本海や留萌の誕生を語る貝の化石、ニシン漁で栄えた浜の道具、古い時代の留萌を映した映像など留萌の自然、歴史、文化について学べる施設です。留萌市出身の映画音楽の巨匠・佐藤勝に関する展示も。

●住所/留萌市大町2丁目3-1
●TEL.0164-43-6677
●アクセス/JR留萌駅から車で約5分・深川留萌自動車道留萌ICから車で約7分
●開館時間/9:00~18:00
●休館日/無休(冬期休館あり)
●入館料/無料
●駐車場/あり
ホームページ

06

まち歩きで出会う留萌出身ミュージシャンたち

RUMAR

AR(拡張現実)を活用した、まち歩きをしながら留萌出身ミュージシャンたちによる限定エピソードトークが楽しめるご当地コンテンツ。アーティストたちが語るまちの記憶を、留萌の景色や空気と共に楽しめます。

●TEL.0164-42-1809(留萌市役所政策調整課)
ホームページ
●参加アーティスト/あがた森魚、掟ポルシェ、上原子友康(怒髪天)、射守矢雄(bloodthirsty butchers)、小松正宏(bloodthirsty butchers) 

07

120年前の建築技術と意匠を楽しむ

旧商家丸一本間家

明治時代の姿をそのまま現在に伝える旧商家丸一本間家。屋根瓦の一枚一枚には家紋が彫り込まれ、壁面や門柱には洋風の装飾が施されるなど、当時の建築職人の心意気が感じられます。

●住所/増毛町弁天町1丁目
●TEL.0164-53-1511
●アクセス/留萌市街から車で20分
●開館時間/10:00〜17:00(最終入館時間16:30)
●休館日/毎週木曜、冬期閉館
●入館料/大人400円、高校生300円、小・中学生200円
●駐車場/なし
ホームページ

あわせて読みたい
トップページ WEBマガジン「北のとびら」を創刊しました。
北のとびら on WEB
COPYRIGHT 2021.HOKKAIDO ARTIST FOUNDATION., ALL RIGHTS RESERVED.